Vファーレン長崎がJ1に初めて挑むことについて

Jリーグの各チームが、キャンプを行っている。
今年は、ワールドカップもあるためワールドカップの中断期間も含め、変則的なスケジュールになっている。
それでもやはりスタートダッシュを幸先よく切りたいと、どのチームも思っているだろう。
今シーズンは、Vファーレン長崎が初めてJ1の舞台で戦う。
J1初昇格のチームは、苦戦することが多く、一年で再びJ2に降格することが多いが、Vファーレン長崎がどんな戦いを見せてくれるか楽しみだ。
あの有名なジャパネットの社長だった高田さんが、Vファーレン長崎のオーナーだ。
金銭的な部分では、他のJ1チームと比べると厳しいかもしれないが、どこまでフロントも頑張れるか見ものだ。
高木監督も久々のJ1の舞台で指揮をふるうことになる。
横浜FCを昇格させた手腕は素晴らしいものがあったが、J1での戦いでは苦汁を飲まされている。
まずは、J1残留が至上命題となるだろうが、どのような戦いぶりを見せてくれるのか。
過去に率いたチームでは、現有戦力を見極めて、堅実な戦いをしてきた。
指導者として、一皮むけるチャンスでもあるので、高木監督には奮闘してもらいたい。
奨学金延滞ナビ

Comments are closed.