草加のパチンコ・スロット店のミューに行ってみた話

この前知り合いと飲む前に空き時間があったので草加をぶらぶらしてみました。
草加なんて人生で3回目ぐらいに上陸するので時間の潰し方がわからず、
空き時間も1時間以上になったので久しぶりにスロットに行ってみました。

あんまり大手のパチンコ屋は好きではないので駅の周辺をうろうろしていると
出てきたのがこのミュー草加店でした。

禁煙してから初めてパチスロ店に行ったのでタバコ臭がやばかったです。
どうやら低換金率?のお店で1円パチンコと5円スロットの専門店みたいですね。
どこのパチンコ屋やスロット屋でも同じですが、大体がじいさんばあさんと
学生みたいな若い人達が多くなっているんだなと感じましたね。

客層は普通だと思いましたが、やたら見てくるサラリーマン風カップルがいて
常連みたいなオーラ出してましたがそいつらだけがうざかったです。(笑)
と言っても待ち時間だけのプレイなので全く気にしません。

台はもはやジャグラーぐらいしかわからないのでジャグラーやりましたが、
1000円でREG引いてすぐにBIG来て・・・みたいな感じでダラダラやってたら
45分ぐらいで全部飲まれたところで知り合いが草加に到着して合流。
久しぶりのスロットはマイナス1000円で終わりましたとさ。

スロットの勝ち負けよりも気になったのはこのミュー草加店のトイレの水道が
自動センサーになっていたのですが、全く反応せずに手を近づけたら静電気で
バチッ!となったのが最もイラつきました。

まあもう二度と行かないのでいいんですけどね(笑)

関連記事>>パチンコで負けすぎた笑えない話

Comments are closed.