Archive for 10月, 2019

過払い金請求をすることができる時効とは

過払い金請求に時効は存在するのでしょうか?
もしあったとしたらその前に過払い金請求をして利息を取り戻さなければいけませんね。

過払い金請求の時効は最後に取引のあった時から10年になります。
これ以上経過してしまうと不可能ではありませんが、全額戻ってくることは難しくなります。

この時効で注意したいのは最後に取引きのあった時から10年ということです。
ですので、一番最初にお金を借りた時から10年経っていても大丈夫なんですね。

判断が難しいケースとしては、一度借金を完済してから再度借り入れをしてまた完済している場合です。
一度完済したもののまた財布に余裕がなくなって利用するという状況の人も多いでしょう。

このような場合にポイントになるのは取引のなかった空白の期間がどれぐらいなのか?ということです。
要するにその取引が連続した一つの取引と判断されるのか別だと判断されるのかです。

これによって過払い金請求の時効は変わってくるのですが、この判断は裁判所の判例をみても
判断が分かれていますし、空白の期間だけではなく返済の仕方や契約内容によって変わってきますので
一概に何か月以内なら大丈夫ということは言えません。

言えるのは空白期間が短ければ一つの取引として認められる可能性は高くなるということだけです。
ですのでこのようなケースで過払い金の時効がどうなるかというのは弁護士など専門家の
アドバイスを受けて過払い金請求をしたほうがいいでしょう。

とは言っても最後に取引があった時から10年後なので時効が成立するケースは稀だと言えます。
できれば忘れないうちに行動を起こすことが望ましいと考えておけば問題ないでしょう。

持ち家で生活保護を受けるための条件